看護師夜勤バイト・夜勤専従看護師求人 > ダブルワーク > Wワーク、夜勤専従で働く際の注意点

Wワーク、夜勤専従で働く際の注意点


無理なくWワーク、夜勤専従看護師で働くために

Wワーク、夜勤専従で働く際の注意点ですが、まず健康管理がありますね。
夜勤で働く看護師
夜勤専従で働きながらダブルワークを行う場合、どうしても体力的に負担が掛かります。

体力が低下すれば精神的な負担も重くなりますし、集中力の欠如にも繋がりますので、余裕を持って掛け持ち勤務を行いましょう。

夜勤専従で働いても、月の夜勤回数は8~9回と決められています。それ以上夜勤シフトに入るケースは少ないと思われますので、日勤で2つ仕事を掛け持ちするよりも、予定自体は立てやすいのではないでしょうか。

ただし夜勤を繰り返していると、生活のリズムが夜型になります。逆に夜型にならなければ、夜勤専従では働きづらいと思いますし、そうなると掛け持ちで行う仕事内容も限られてくるかもしれません。

夜勤明けに朝から別な病院・クリニックで働くのは厳しいですし、出来れば夜勤翌日はゆっくり休みたい…と思われるかもしれませんね。

そう考えると、夜勤の翌々日に負担にならない範囲で単発の仕事を入れる、早朝から始まる勤務よりも、午後から働ける看護師の仕事を探すのが現実的かもしれません。

あくまでも健康管理を第一に考えるようにして下さい。そうしなければ、夜勤専従で働いている病院に迷惑を掛けてしまいますし、副業として掛け持ちで働く職場にも迷惑がかかります。

次に、就業規則の副業禁止規定を確認して下さい。もし就業規則内に掛け持ち勤務が禁止とあれば、それに逆らってまでWワークを行うのはリスキーです。

中には「病院にバレなきゃいい」と考えているナースもいますが、万が一副業がバレた場合、解雇の可能性もあるんですよね。
特に公務員として働く場合には、最初からダブルワークは避けた方が良いかと思います。

その辺りは労働基準法などの法律に関わるので確かなことは言えませんが、ダブルワークが禁止されているにも関わらず、積極的に副業を行った場合、何らかのペナルティーは覚悟した方が良いと思います。

ただし、就業規則に副業禁止とあっても、実際は大目に見てくれる病院もありますから、看護師長などに確認すると良いでしょう。

以上、ダブルワーク、夜勤専従で働く際の注意点をお伝えしましたが、最後にもう一度まとめますね。

1.健康管理を第一に考える

2.副業が禁止されていないかどうか確認する

上記2点に注意して、ダブルワークを行って頂ければと思います。


夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Wワーク、夜勤専従で働く際の注意点:関連ページ

掛け持ちOK 病院 看護師夜勤バイト
目次1 複数の病院を掛け持ち(ダブルワーク)看護師夜勤バイト2 ダブルワークOK、夜勤専従看護師求人を探すには […]
ダブルワークしやすい夜勤看護師の職場
夜勤専従看護師、Wワークで働く際の職場選び ダブルワークしやすい夜勤看護師の職場についてお話しますね。 ダブル […]
ダブルワーク(掛け持ち)OKの夜勤専従看護師求人
目次1 ダブルワークOKの夜勤専従看護師求人2 夜勤専従看護師、働きやすい職場を見つけるには ダブルワークOK […]