夜勤常勤として働くメリット


夜勤常勤看護師として働くメリット

夜勤常勤として働くメリットに以下がありますね。

・高給与で働きやすい
・少ない日数で稼ぎやすい
・夜勤常勤のニーズが高い

夜勤常勤の魅力として、まずは夜勤手当による高収入があります。看護師は高給与、高年収を得やすい仕事と言われていますが、その理由として夜勤手当がありますよね。
夜勤専従看護師として働きたいけれど・・・
日勤でクリニック外来で働いたり、デイサービスや訪問入浴、手術室看護師として働く方法もありますが、収入を基準に仕事探しを行う場合、やはり夜勤常勤になるのではないでしょうか。

夜勤なし、日勤で高給与を得やすいのは美容外科クリニックと言われていますが、一般的に高日給を基準に仕事探しを行うなら、最初に選択肢に入れたいのが夜勤常勤と言えます。

そのため、「高給与で働きやすい」というメリットは、夜勤常勤の最大の利点かもしれませんね。
常勤だと賞与なども期待できるでしょう。

次に「勤務日数が少ないこと」をメリットに挙げる方もいますね。夜勤は多くても月9回以内に定めている病院が多いので、少ない勤務日数で日勤以上に稼ぎやすいことに魅力を感じるナースも多いようです。

月9回の出勤でも、1回3万円なら総収入で27万円になりますし、日勤でフルで働くよりも稼げる可能性がありますね。

その分「生活リズムが保ちにくい」という悩みもありますが、元々夜型タイプなら、逆に自分のペースで働きやすいと思います。
あまり多くの同僚と関わるのが苦手、という方も夜勤専従看護師として働かれてい場合もあります。

人間にはバイオリズムが定められているので、朝型タイプもいれば、夜に集中力が高まる体質の方もいるんですよね。私も完全に夜型タイプなので、夜~深夜にかけて最も集中することが出来ます。

看護師の仕事は観察力、集中力を保つ必要がありますから、夜型体質の方は逆に働きやすいと思いますし、少ない日数で稼ぎやすいのは魅力ではないでしょうか。

それに加えて「夜勤常勤のニーズの高さ」もメリットになりますね。

病院側としても、夜勤で働けるナースを求めている傾向にあります。日勤と夜勤を交互に繰り返すシフトよりも、夜勤なら夜勤で勤務してもらえるナースを貴重な戦力として考えている病院も増えているようです。

日勤、夜勤、日勤、夜勤とシフトが交互に入ると体調を崩しやすいですし、夜勤常勤、日勤常勤のナースがいる方が病院としても安心できるという側面があるようですね。

以上、夜勤常勤として働くメリットを記載しましたが、その他詳細な情報に関しては、看護師紹介会社のコンサルタントに相談されてみて下さいね。


夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

夜勤常勤として働くメリット:関連ページ

【看護師の悩み】夜勤、子供をどこに預ける?
夜勤の時、子供をどこに預けますか? 看護師の悩みとして、「夜勤時に子供をどこに預けるか?」があります。 夜勤で […]
派遣で夜勤専従看護師で働くメリット・デメリット
目次1 派遣として夜勤専従看護師で働くメリット2 夜勤専従看護師として働くデメリット 派遣として夜勤専従看護師 […]
有床クリニックの夜勤って大変?
有床クリニックの夜勤専従看護師求人 ベッド数1~19床までのクリニックを有床診療所(有床クリニック)と言います […]
夜勤あり、院内託児所付病院探しの注意点
目次1 夜勤ありで欠かせない、院内託児所・保育所2 24時間対応、院内託児所・保育所選びの注意点 夜勤ありで欠 […]
夜勤専従看護師 子育て
目次1 子育てをしながら夜勤専従看護師として働く2 夜勤専従看護師求人 メリット・デメリットを考えて 子育てを […]
急変や救急対応が少なめの病院で働きたい
目次1 夜勤専従看護師、体力的に楽な病院で働きたい場合2 働きやすい病院の夜勤専従看護師求人を見つけるには 夜 […]
希望の診療科の夜勤専従看護師求人を見つけたい
夜勤専従看護師求人に強い看護師紹介会社 夜勤専従看護師として働こう、と思った時。 夜勤専従看護師求人を探す理由 […]
夜勤看護師、常勤・パートの違い
夜勤専従看護師、常勤・パートの違いについて 夜勤看護師、常勤とパートの違いについてお伝えします。 夜勤パートと […]
夜勤専門看護師、健康管理には注意
夜勤専従看護師として働く際の健康管理 夜勤専門で働いている看護師さんの中には、健康を崩してしまう方がいます。 […]
ブランクありでも歓迎される夜勤専従看護師求人
ブランクありを歓迎する夜勤専従看護師求人 結婚や出産を機会に看護師の仕事を退職したり、その他様々な理由でナース […]