夜勤専門看護師、健康管理には注意


夜勤専従看護師として働く際の健康管理

夜勤専門で働いている看護師さんの中には、健康を崩してしまう方がいます。
退職を考える看護師
やはり夜勤メインだと生活リズムが夜型になりますので、健康上は良くないかもしれませんね。日の光に当たらない生活を長く続けると、肌荒れしたり、風邪を引きやすくなるようです。

私も数年間、夜型生活を続けて仕事していますが、昼に働いていた時よりも体調の変化が激しいです。体力面もそうですが、精神的に起伏が激しくなっている気がします。どうしても世界との距離を感じてしまうんですよね。

ちょっとしたことを気にしたり、逆に何も気にならなくなったり、喜怒哀楽が激しくなった気がします。仕事後に立ちくらみがしたり、身体が重く感じることもあります。

太古より人間は太陽の下で活動していますし、夜勤専門で長年働くのは厳しいのかもしれません。

しかし健康管理に気を付けることで克服できるのではないでしょうか。特に睡眠が大切ですね。夜勤明けで帰宅した後、しっかり睡眠確保できるかどうか、最低でも6時間、理想は8時間は眠りたいところです。

近年、短時間睡眠の本が売れていますが、看護師の仕事は集中力が必要ですし、体力的にも精神的にもハードですから、その場合はゆっくり身体を休めて回復に努めることが大切かなと思います。

また、中には明るい時間帯よりも、暗い時間帯の方が集中力が高まるタイプもいるそうです。人間のバイオリズムは様々ですから、夜に働く方が集中しやすい、気持ちを維持しやすい方もいるんですよね。

連休が続くと自然に夜型に切り替わる場合、暗い時間帯の方がバイオリズムに合っているのかもしれません。その場合は深夜帯に働きやすいのではないでしょうか。

ナースの中には日勤と夜勤を交互に繰り返している方もいますが、もしかするとその方が体調を崩しやすいかもしれません。

夜勤明けに休んでも休んだ気がしない…という感想を聞いたこともありますし、夜勤専従で働くことで一定のペースを保てるというメリットもあるでしょう。

繰り返しになりますが、睡眠時間を長く取るようにしながら、健康に注意して働いて下さいね。


夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

夜勤専門看護師、健康管理には注意:関連ページ

【看護師の悩み】夜勤、子供をどこに預ける?
夜勤の時、子供をどこに預けますか? 看護師の悩みとして、「夜勤時に子供をどこに預けるか?」があります。 夜勤で […]
派遣で夜勤専従看護師で働くメリット・デメリット
派遣として夜勤専従看護師で働くメリット 派遣で夜勤専従看護師で働くメリット・デメリットについてお伝えしますね。 […]
有床クリニックの夜勤って大変?
有床クリニックの夜勤専従看護師求人 ベッド数1~19床までのクリニックを有床診療所(有床クリニック)と言います […]
夜勤あり、院内託児所付病院探しの注意点
夜勤ありで欠かせない、院内託児所・保育所 お子さんがいるママさんナースにとって、夜勤をする際に欠かせないのが「 […]
夜勤専従看護師 子育て
子育てをしながら夜勤専従看護師として働く 子育てをしながら夜勤専従看護師としてお仕事をされているママさんナース […]
急変や救急対応が少なめの病院で働きたい
夜勤専従看護師、体力的に楽な病院で働きたい場合 夜勤専従看護師として働く事で、日中の時間を確保しつつ高給与を得 […]
希望の診療科の夜勤専従看護師求人を見つけたい
夜勤専従看護師求人に強い看護師紹介会社 夜勤専従看護師として働こう、と思った時。 夜勤専従看護師求人を探す理由 […]
夜勤看護師、常勤・パートの違い
夜勤専従看護師、常勤・パートの違いについて 夜勤看護師、常勤とパートの違いについてお伝えします。 夜勤パートと […]
ブランクありでも歓迎される夜勤専従看護師求人
ブランクありを歓迎する夜勤専従看護師求人 結婚や出産を機会に看護師の仕事を退職したり、その他様々な理由でナース […]
夜勤常勤として働くメリット
夜勤常勤看護師として働くメリット 夜勤常勤として働くメリットに以下がありますね。 ・高給与で働きやすい ・少な […]