夜勤専従看護師のデメリット


夜勤専従看護師ってどうなの?大変?

夜勤専従看護師として、これから働こうと思って色々な病院からの夜勤専従看護師求人の給料や交代制度、仮眠・休憩の取り具合、看護師の勤務体制(夜間帯の人数)などを調べて看護師さんも多いと思います。
看護師求人へ応募する前の疑問
お子さんが小さい場合には、24時間託児所の有無も気になりますよね。

夜勤って通常の病棟勤務のナースは嫌がる方が多いです。

でも、夜勤を専門として仕事をする夜勤専門看護師も多く存在しています。

実際、夜勤専従看護師ってどうなの?

と働こうかなと思っているけれど、ちょっとまだ迷っている・・・という看護師さんも多いでしょう。

実際、既に多くの看護師さんが夜勤専門で働いていますから、そうした方達はメリット、デメリットの両方を考えた上で、夜勤専従看護師として働いています。

中にはここ数年、ずっと夜勤専門で働いていますよ、というナースも多いですよね。

ここでは夜勤専従看護師のデメリットについてまとめていこうと思います。

夜勤専従看護師のデメリット

【体調を崩す可能性】

夜勤専従看護師のデメリットとして挙げられるのは、やはり体調面です。

夜勤常勤、夜勤パートで働く場合いずれにしても、体調面で崩れる可能性があります。

例え週1日での夜勤勤務であったとしても、昼夜逆転の生活となりますから、ホルモンバランスが乱れ体調面で悪影響を及ぼす可能性は覚えておく必要があります。

ですから夜勤明けはムリせず休む必要があるでしょう。

サーカディアンリズムと言われますが、人間を始め、生物は一定の時間が来ると自然に眠くなり、一定時間眠ると自然に目が覚めるサイクルが出来ています。

このサーカディアンリズムを崩し、夜に起きて仕事をして夜勤明け、日中に眠るか、寝ずに頑張るかはその日次第となりますが、サーカディアンリズムを崩して生活する事で不眠症やうつ病に繋がるという話もあります。

そういった意味では日勤と夜勤と両方をシフトで働かなければならない常勤看護師よりも、夜勤専従看護師は生活のリズムを作りやすいと言えますから、まだ余裕を持って働けると言えるかもしれません。

ただ、ムリは禁物ですよね。

【看護師の勤務人数が少ない事が多い】

夜勤常勤、夜勤パートとして働く人数は少ないです。

日勤帯がやはり忙しい場合も多いため、病院の方針として夜勤よりも日勤を手厚くしている事が多いですね。

また、夜勤に入れる看護師をしっかり確保できていない状況の病院もあるようです。

ですから、基本的には夜勤看護師の人数は最低限と考えて良いでしょう。
人数が少ないため、一人あたりの業務量も多く忙しい職場となる事が多いです。

しかし、忙しくても休憩・仮眠はしっかり取りたいもの。
仕事の質にも関係してきますし、夜勤明け、翌日以降への疲労の残り方も全然違うと思います。

夜勤帯に働く看護師の人数、忙しさ、休憩・仮眠はどれくらい取れるのか、と言ったことも、夜勤専従看護師求人へ応募する前に、病院や介護施設の内部情報に詳しい看護師紹介会社の担当コンサルタントから情報をもらうようにされる事をおすすめします。

【夜勤専従看護師はスキルが必要】

夜勤専従看護師として勤務していると、病院や施設の規模によりますが、時間帯によっては一人で夜勤をこなす事もあるでしょう。

自分一人で夜勤に必要とされる仕事をこなす事が出来るスキルが必要となります。

点滴管理、トイレ介助、検温、体位交換、吸引、その他様々なスキルが必要となりますよね。

夜勤専従で働くのは初めて!誰かに教えてもらいながら仕事をしたい!という看護師さんも、中にはいるでしょう。

その場合には求人への応募時に、「未経験者歓迎、ブランク明け歓迎、研修・サポートあり」の夜勤専従看護師求人を選んで応募されると良いでしょう。

基本的にはどの職場も人数に余裕が無いため、ゆっくり教えてくれる時間は無いと考えて良いでしょう。

【人間関係】

夜勤をする看護師は少人数です。

合わないな・・・苦手だな・・・と思う看護師とシフトを組むこともあるでしょう。
ただ、ムリに話をするような時間もあまり無いでしょうし、黙々と仕事をすれば良いとも言えます。

【交友関係】

友達や恋人、家族も含め、時間帯が普通の人とはずれる日が出てしまいます。

週1日だけ夜勤専従看護師として働くのであれば、他の日でカバー出来る事も多いでしょうから、常勤として日勤・夜勤をこなしていた頃よりはこのあたりは楽かもしれませんね。

それでも夜勤専従看護師として働く、という看護師さんへ

以上、すぐに思い浮かぶ夜勤専従看護師のデメリットを書き出してみました。

以前、病棟勤務で日勤、夜勤とこなしていた頃よりは楽そうだな、と思われたか看護師さんも多いかもしれません。

実際、日中に確保できる時間は断然多いですから、生活リズムを戻しやすいです。
そういった意味で、夜勤専従看護師の方が楽ですよ、というナースは多いです。
実際長く夜勤専従看護師としてお仕事をされている方もどの病院にもいると思います。

育児中の看護師さんも多く夜勤専従看護師として働いているという事実もあります。

稼ぎたい給料の金額と、確保したい時間

色々なバランスを考えた上で、夜勤専従看護師として働く事を選択された場合には、自分にあった働きやすい職場、給料など勤務条件の病院、介護施設を選びたいですね。

そうした夜勤専従看護師求人さがしに便利なのが、上記で挙げたような様々な情報を持つ看護師紹介会社です。

夜勤専従看護師求人も充実、情報量が多い看護師紹介会社として、

看護のお仕事

マイナビ看護師

ナースフル

の3つをおすすめしたいと思います。

公開求人を掲載している紹介会社も多いのですが、中でも夜勤専従看護師求人の掲載数が多く、サポート力の高さ・口コミでの評価の良さからおすすめするのは【看護のお仕事】です。

病院の内部情報にも詳しいキャリアコンサルタントが、あなたにとって働きやすい病院、介護施設の夜勤専従看護師求人を探してくれますのでぜひ活用してみてください。。

非公開求人も多数、と言うことです。

看護師紹介会社の利用で迷っている場合には、「徹底的に転職を希望される看護師さんサポートをする事」を方針としている看護のお仕事のようなサイトがおすすめです。


夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

夜勤専従看護師のデメリットって?:関連ページ

【看護師の悩み】夜勤、子供をどこに預ける?
夜勤の時、子供をどこに預けますか? 看護師の悩みとして、「夜勤時に子供をどこに預けるか?」があります。 夜勤で […]
派遣で夜勤専従看護師で働くメリット・デメリット
派遣として夜勤専従看護師で働くメリット 派遣で夜勤専従看護師で働くメリット・デメリットについてお伝えしますね。 […]
有床クリニックの夜勤って大変?
有床クリニックの夜勤専従看護師求人 ベッド数1~19床までのクリニックを有床診療所(有床クリニック)と言います […]
夜勤あり、院内託児所付病院探しの注意点
夜勤ありで欠かせない、院内託児所・保育所 お子さんがいるママさんナースにとって、夜勤をする際に欠かせないのが「 […]
夜勤専従看護師 子育て
子育てをしながら夜勤専従看護師として働く 子育てをしながら夜勤専従看護師としてお仕事をされているママさんナース […]
急変や救急対応が少なめの病院で働きたい
夜勤専従看護師、体力的に楽な病院で働きたい場合 夜勤専従看護師として働く事で、日中の時間を確保しつつ高給与を得 […]
希望の診療科の夜勤専従看護師求人を見つけたい
夜勤専従看護師求人に強い看護師紹介会社 夜勤専従看護師として働こう、と思った時。 夜勤専従看護師求人を探す理由 […]
夜勤看護師、常勤・パートの違い
夜勤専従看護師、常勤・パートの違いについて 夜勤看護師、常勤とパートの違いについてお伝えします。 夜勤パートと […]
夜勤専門看護師、健康管理には注意
夜勤専従看護師として働く際の健康管理 夜勤専門で働いている看護師さんの中には、健康を崩してしまう方がいます。 […]
ブランクありでも歓迎される夜勤専従看護師求人
ブランクありを歓迎する夜勤専従看護師求人 結婚や出産を機会に看護師の仕事を退職したり、その他様々な理由でナース […]