夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】 > 夜勤専従看護師を辞めたい > 夜勤専従看護師を辞めて、日勤に戻りたい場合

夜勤専従看護師を辞めたい


夜勤専従看護師を辞めたい場合

これから夜勤専従看護師求人を探したい、という方がいる一方で、夜勤専従看護師として半年、一年と働いてきたけれど、やっぱり通常勤務や日勤看護師としての勤務に戻りたいという方もいらっしゃるでしょう。
退職を考える看護師
長く夜勤専従看護師として勤務されている看護師さんもいますが、期間的には1年などで辞め、通常の看護師勤務に戻られる場合や、日勤常勤、パート看護師として新たに転職先を探す方も少なくありません。

夜勤専従看護師を辞めたい、ということですね。

夜勤専従看護師として働く際にも、向き・不向きがありますよね。

人間関係がより少なく、日勤帯よりも落ち着いて仕事がしやすいと言うことで夜勤専従看護師としてずっと働かれている方もいますし、やっぱりこの働き方は私には合わない、と言うことですぐに辞めてしまわれる方もいます。

夜勤専門の働き方は、特殊な働き方といっても良いと思いますから、合う・合わないがあるのは当たり前とも言えますよね。
実際に働いてみないと分からない事も多いですしね。

体力的に大変。意外と激務で疲れた・・・という看護師さんの場合ですと、退職して少し休んでから常勤として転職先を新たに探す、というケースも見られますね。

週に1日勤務であれば、まだそこまで疲労も蓄積しないと思いますが、月に8回、9回勤務ともなれば結構大変ですし、2箇所など複数の病院で夜勤専従看護師として掛け持ちで働いていれば疲れも溜まりがちになるでしょう。

夜勤専従看護師を辞めて、自分にあった転職先を探すには

今の働き方を辞めても月収としてあまり落とさずに転職先を見つけたい。
やっぱり夜勤専従看護師は高収入・高給与ですからね。
そこ(給与面)はあまり落とさずに働きたい、と思う方も少なくないでしょう。

そうした新たに自分にあった働き方、転職先となる病院、クリニック、老人介護施設などを探す際にも、こちらでご紹介しているような看護師紹介会社は役立ちます。

中でも、マイナビ看護師、看護のお仕事といった看護師紹介会社は、

「転職を希望される看護師さんの話を親身によく聞いてくれて、理解した上で希望に出来る限り合った看護師求人、転職先を探してくれる」

という評価が高いです。

看護のお仕事は現在、転職祝い金(転職支援金)のプレゼントも実施していますから、利用するメリットは大きいのではと思います。
(転職支援金の実施状況は公式サイトでご確認ください)

休んでいる間、看護師単発バイトをして生活費を繋ぐ、お給料を稼ぐ方。

次の就職先を探すまで繋ぎとして、単発・スポットで働く方も多いんですね。

夜勤専従看護師として働いた後は、反動で日勤のみで働きたいと考える方も多いと言います。

色々な働き方が可能な職業ですから、その時々で最も働きやすい職場探しをしてみるのも良いのではないでしょうか。


夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓