夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】 > 病棟別 > 急性期病棟の夜勤専従看護師求人

急性期病棟の夜勤専従看護師求人


急性期病棟で働く、夜勤専従看護師求人

急性期病棟の夜勤専従看護師求人に関する情報です。

夜勤専従看護師のニーズは高いですが、急性期と慢性期では仕事内容が異なる部分も多いですよね。
夜勤専従看護師として転職
また同じ急性期病棟でも、大学病院(公的病院)と地域の総合病院では対応が異なっていたりします。

大学病院、公的病院は最先端の医療を提供していますので、治療が難しい患者さんも運ばれてくるでしょう。

私の父も心臓にペースメーカーで入っている1級障害者ですが、糖尿病、肝炎も煩っているので治療が難しい状態です。深夜に倒れて救急車で運ばれることも多いのですが、その場合も大学病院と決まっています。

救急隊員の方に「大学病院で診てもらえるのですか?」と驚かれることもありますが、大学病院からは「何かあればすぐに来て下さい」と言われていますし、症状的に医療の研究材料にもなっているようです。

そのように大学病院の急性期は、医療の最先端に携わる機会が多いと思います。勤務している看護師には男性も多く、高いスキルを備えている方が多い印象を受けますね。

地域の総合病院の場合は、地域住民の緊急時の対応が多いでしょう。自動車事故、バイク事故で救急搬送されたり、急な体調変化で運ばれる患者さんが多いと思います。

忙しさで比較すれば、地域の総合病院の方がゆったり働けるかもしれませんが…業務内容は複雑ですね。研修医が行う仕事を看護師が担当することもあるようです。

その分『幅広い技術』が身に付きますので、看護師としてスキルアップしたいと考えている場合は、総合病院もおすすめです。

もちろん大学病院でもスキルは磨かれますが、「身に付く技術の方向性が違う」と言えるかもしれません。より専門的なスキルアップに繋がるのが大学病院の急性期ではないでしょうか。

尚、求人探しの方法としては、やはり看護師紹介会社を利用することです。

求人サイト、紹介会社も多数ありますが、看護師求人に特化した紹介会社は業界事情に詳しいですし、的確なサポートが期待できますよ。

関東地方に強いナース紹介会社もあれば、関西地方、東海地方を初め、全国に拠点を持つ会社もありますので、幾つか無料登録してアドバイスを受けてみると良いでしょう。

各紹介会社によって夜勤専従の求人数にも違いがありますしね。

求人案件によって「仮眠や休憩の取りやすさ」も変わりますので、まずは希望条件を整理した上で、紹介会社を利用してみて下さい。

【関連記事】
仮眠、休憩がしっかり取れる夜勤専従看護師求人
療養型病院病棟の夜勤専従看護師求人


夜勤専従看護師求人【働きやすい職場の探し方】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

急性期病棟の夜勤専従看護師求人:関連ページ

認知症病棟の夜勤専従看護師求人
認知症病棟で働く、夜勤専従看護師求人 認知症病棟の夜勤専従看護師は需要が高いです。 夜勤専従ナース自体、病床数 […]
療養型病院病棟の夜勤専従看護師求人
療養型病院の夜勤専従看護師求人 夜勤専従看護師求人を探す際、働く職場の希望があってそれから希望の日給、勤務日数 […]